<メモ広告自動コード>

【映画化】「億男」を読んでお金と幸せの答えを考える。あらすじネタバレです。

2018年4月13日

スポンサーリンク

映画 億男の公開予定日

今年の秋、2018年10月19日に

佐藤健と高橋一生が主演で

映画公開ということで、

どんな話か気になり読んでみました。

億男 あらすじ

弟の借金を肩代わりした図書館司書のカズオが、

3億円の宝くじに当選。

大金を得て不安になった一男は

大学時代の親友で大富豪のつくもと、

つくもの昔の仲間の3人との出会いを通して

「お金と幸せの答え」

をさがすストーリーです。

「12億円を貯め込みながら普通の暮らしを送りつづける人」
「大金を手に入れてから、自分に寄ってくる人間が、自分のお金を目的にしているだけだと、人を信じられなくなった人」
「お金の価値が分からなくなりながらも、宗教法人を立ち上げ、お金を増やし続ける人」

3人とも10億以上のお金を持ちつつも、

幸せにはなりきれてません。

「金がほしい」

そう思う僕にとって、

お金と幸せの答えとはなにか、

深く考えさせられる本でした。

億男 感想

数ページ読んだところで、

古典落語の「芝浜」のエピソードが出て、

この話のラストがどうなるのか

よめてしまったが、

ストーリーの端々から出てくる

偉人たちのお金にまつわる名言、

エピソードがつめこまれていて、

飽きのこない、先が気になる構成で、

どちらかというとライトな印象をうけるストーリーに絡ませた、

お金持ちのエピソードや名言が秀悦で、

最後まで引き込まれたまま読み切ってしまった。

作者はこの本の為に、

120人という富豪にインタビューをしたという。

この本の中には、

お金が幸せの答えだとか書かれてはいない。

この120人がお金と幸せの答えをみつけていたのなら

きっとこの本の顛末もかわっていたはずだ。

億男と落語「芝浜」と私

このストーリーの核になる

古典落語の芝浜ですが、

TBSのタイガーアンドドラゴンという

テレビドラマの第1話の題材に使われていて、

ストーリーは今でも覚えています。

というか、タイガーアンドドラゴンの影響で、

当時の僕はにわか落語ファンでした。

宮藤官九郎の世界観が爆発してましたが、

脇役を固めてるのが今では

考えられないくらい豪華な俳優陣のドラマでした。

星野源も出てました。

スポンサーリンク