<メモ広告自動コード>

喫煙や糖尿病はインプラントへのリスクファクター!アンチエイジングにも影響します。

2017年11月24日

スポンサーリンク

インプラントの危険因子、喫煙と糖尿病

喫煙と糖尿病はインプラントへ悪影響があります。

喫煙や糖尿病は手術後の予後、手術時の偶発症や将来的な様々なトラブルを招きます。

患者の身体的状態だけでなく、精神疾患など、の条件や、患者の口の中の管理能力。

他にも放射線治療をうけたていたり、薬物中毒なども影響します。

ここではポピュラーな喫煙と糖尿病について説明します。

喫煙や糖尿病はインプラントへのリスクファクター!アンチエイジングにも影響します。

喫煙のインプラントへの影響

インプラントと骨を結合させるには、血流が豊富でなければいけません。

タバコの煙にはニコチンが含まれていますが、これが血管を収縮させてしまいます。

また、切開した傷口は、喫煙によってふさがりにくくなります。

インプラントの相談を歯医者にすると、まず禁煙することをすすめられます。

10年後のインプラントの生存率

は喫煙者と非喫煙者を比較すると、かなりさがるようです。

特に、喫煙と歯周病の治療歴のある患者と、非喫煙で健全な歯周組織の患者では、

インプラントの生存率には10%の差があり、

骨吸収が起こる割合は喫煙、歯周病歴のある患者で75%、非喫煙・健全な歯周組織の患者の場合20%と、

55%の差があります。

喫煙や糖尿病はインプラントへのリスクファクター!アンチエイジングにも影響します。

糖尿病のインプラントへの影響

糖尿病になると、免疫機能の低下と炎症反応の増加がおきます。

もちろん口の中にも影響はあるので、インプラント治療に対してリスクが大きくなります。

免疫が下がると歯周病がおきやすくなります。

インプラントは骨に固定されていないといけないので、

歯周病の起きやすい糖尿病患者はインプラントが打ちにくく、

歯医者もインプラント治療を断ることがあるようです。

喫煙と糖尿病はインプラントのリスクファクターです。早めの生活習慣の見直しをしましょう!!

喫煙と糖尿病はインプラントの失敗、骨吸収を起こしやすくなります。

喫煙されている方は禁煙に挑戦、

糖尿病予防の為に、早めに食生活などを見直し、予防に努めましょう。

歳を重ねていくとどうしても歯を抜かないといけない時がくるかもしれません。

その時の選択肢として、インプラント治療が出来るよう、早めに対処しておくといいですよね!

 

スポンサーリンク