<メモ広告自動コード>

紅茶は口臭予防に効果的。口臭予防の他にもメリットがたくさんあります!!

2018年1月9日

スポンサーリンク

紅茶の成分

紅茶の主な成分は、ポリフェノール、カフェイン、ビタミン・アミノ酸。

ポリフェノール・・・紅茶には渋みを表す「カテキン(タンニンの一種)」と、
紅茶の色を表す「テアフラビン、テアルビジン」などから形成されており、
これを合わせて「ポリフェノール」といいます。

カフェイン・・・苦味成分で疲労回復や体内の老廃物の排出を促す効果があります。

ビタミン・アミノ酸・無機成分・・・カフェイン、カテキン類以外には、
疲労回復に役立つビタミンB群、甘みと旨み成分のアミノ酸の働きもあります。

紅茶にはポリフェノール、カフェイン、ビタミン類が含まれています
ポリフェノールに分類されるカテキンには抗菌さようがあり、口臭予防につかえます。
ここでは、紅茶が口臭予防に使える理由と、口臭予防に効果的な紅茶の飲み方を紹介します。

紅茶で口臭予防ができる理由

口の中には口臭の原因になるジンジバリス菌、虫歯の原因になるミュータンス菌という、
いわゆる悪玉菌がいます。
口の中に食べ物が残っていると、それらの悪玉菌はその食べ物の栄養を吸収し、
硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドという
口臭の原因となる物質をつくります。
紅茶に含まれるカテキンには抗菌作用があり、口内の細菌を減らすため、口臭予防に効果があります。

紅茶の効果的な飲み方

口臭が起きる原因は、前述したように悪玉菌が
食べ物を分解するときに発生する硫化水素などですが、
その悪玉菌が活性化するPHが酸性です。
口腔環境をアルカリ性にしておけば
悪玉菌の増殖を減らすことができます。
日ごろからわかめや果物などのアルカリ性の食品を摂っておくのも口臭予防に効果的です。

ヨーグルトは歯周病予防に効果的!!虫歯予防や歯周病予防にもオススメ!!

以前紹介させていただいた、ヨーグルトの乳酸菌にも抗菌効果があります。
また、唾液には抗菌作用があるのですが、
口の中が乾いていると口臭が起きやすくなります。
こまめに紅茶を飲むと口臭予防に効果的です。

紅茶は口臭予防に効果的です!

紅茶にはカテキンが含まれていて抗菌効果があるので、口臭予防に効果的です。
実際、誰かと会う前には無糖タイプの紅茶を飲むようにしています。
糖には悪玉菌を増やす効果があるので、出来るだけ無糖タイプのものを選ぶのが効果的です。
また、緑茶にもカテキンが含まれているので、口臭に効果があります。
口臭が気になると、大事な話も落ち着いてできないので、
皆さんも是非、いざという時の為に
カバンの中にペットボトルの紅茶を忍ばせておくのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク