<メモ広告自動コード>

コーヒーは口臭を悪化させます!ですが、健康飲料なので、場面を選んで積極的に飲んでいきましょう!!

2018年1月9日

コーヒーは口臭を悪化させます!ですが、健康飲料なので、場面を選んで積極的に飲んでいきましょう!!以前紹介した、

ヨーグルトに関する記事と紅茶に関する記事がきっかけで、

珈琲にも口臭予防があるのかと問い合わせを頂く事が多々ありますが、

珈琲は口臭を悪化させます。

ですが、それを補ってあまりある健康効果があり、

積極的に飲んでほしいので、珈琲についてまとめました。

是非読んでください!

珈琲の成分と健康効果

珈琲には、ポリフェノール、カフェイン等が含まれています。

ポリフェノール・・・紅茶にも含まれる物質で、

「カテキン(タンニンの一種)」と、「テアフラビン、テアルビジン」

コーヒー特有のポリフェノール、「クロロゲン酸」など、

これを合わせて「ポリフェノール」といいます。

カフェイン・・・苦味成分で疲労回復や体内の老廃物の排出を促す効果があります。

珈琲にはポリフェノール、カフェイン等が含まれていて、

抗がん作用、抗酸化作用、美肌効果があります。

ここでは、珈琲の健康効果を紹介します。

珈琲の成分と健康効果

珈琲は超健康ドリンクです!!

珈琲には抗がん作用と抗酸化作用があります。

僕が大学生の頃の話ですが、

京都の行きつけのコーヒー豆の焙煎ショップで、

珈琲には抗がん作用と抗酸化作用に関する新聞記事を読ませてもらいました。

それまでは、勉強したい時の眠気覚ましとして飲むもので、

健康には悪影響があるのが通説でした。

残念ながら10年位昔に読んだ記事なので、

詳しい部分は失念していますが、

今までの俗説をくつがえす記事で、

その店舗の店長も、珈琲の健康効果を実証するのに十分な若々しさでした。

珈琲は超健康ドリンクです!!

当時大学生でしたが、ペーパードリップでの珈琲の淹れ方を

ご教示いただきました。

コーヒー豆をばっちり蒸らすと味も香りも良くて、

鼻腔をくすぐるコーヒーの香りが気持ちいいですよ!

珈琲と口臭

コーヒーには口臭を予防、消してくれる作用があると思われている方がいますが、

実際はその逆で、口臭を強くします。

コーヒー豆の粒子が舌の表面の凹凸に入り込み、停滞してしまうことと、

コーヒーは酸性の飲み物であることが原因です。

珈琲は、コーヒー豆を焙煎して、粉砕したものをドリップしてつくりますが、

コーヒー豆の粒子がフィルターを通ってしまうので、

コーヒーの中には微粒子が残ってしまいます。

また、缶コーヒーの中にも残っていますし、

フリーズドライでつくるインスタントコーヒーの中にも、

コーヒー豆の微粒子は残っています。

また、珈琲は酸性の飲み物で、

珈琲を飲むと口の中の酸度を上昇させます。

それが原因で、唾液の分泌を低下して、

口臭が強くなるというわけです。

 

以前紹介したように、日ごろからヨーグルトやわかめ、果物などの

アルカリ性の食品を摂っておくのが口臭予防に効果的です。

ヨーグルトは歯周病予防に効果的!!虫歯予防や歯周病予防にもオススメ!!

紅茶に含まれるカテキンも口臭予防に効果的で、

口の中を潤わせておくと口臭が発生しにくいので、

こまめに紅茶を飲むのもオススメです。

紅茶は口臭予防に効果的。口臭予防の他にもメリットがたくさんあります!!

コーヒーは健康飲料なので、場面を選んで積極的に飲んでいきましょう!!

コーヒーは口臭を悪化させます!ですが、健康飲料なので、場面を選んで積極的に飲んでいきましょう!!

珈琲は口臭を悪化させます。

しかし、それを見越しても飲むべき健康効果があります!

人に会う前に珈琲を飲むのはオススメできませんが、

カフェインによる、集中力の向上の他に、抗がん作用と抗酸化作用、

それ以外にも、美肌効果や血圧を正常に戻す効果など、

まだまだ研究途上ですが、健康効果があります。

ぜひ珈琲を飲んで、健康なライフを手に入れてください!

スポンサーリンク