<メモ広告自動コード>

歯が痛くて眠れない!そんなときの本当の解決策を教えます

2017年11月5日

スポンサーリンク

歯の痛みの原因は?

虫歯、歯髄炎、根尖性歯周炎、歯の破折、

噛み合わせの負担によっておこる痛み、歯に物がはさまって起こる痛み

ざっと6つ程あげましたが、他にも歯列矯正など、挙げだすとほかにも歯痛の原因はあります。

今回は虫歯によって起きる歯痛の原因とその対処方法についてご紹介したいと思います。

歯が痛くて眠れない!そんなときの本当の解決策を教えます

ロキソニンや正露丸が歯痛に有効!?

ネット検索すると、ロキソニンや正露丸についての記事が多く出てきます。

はたして本当に市販薬で痛みがやわらぐのか、という疑問はわいてくると思います。

これは、僕が歯科技工士だった頃によく問い合わせがありましたが、

実際に親知らずを抜いた後、歯医者ではロキソニンが処方されます。

今では病院で処方されているロキソニンと同じ成分の、ロキソニンSが薬局で手に入るので、気軽に痛みをとることができます。

正露丸は、適当な大きさにちぎって虫歯に入れるそうですが、

あまりオススメはしません。

正露丸に含まれているクレオソートという成分に殺菌効果があるようですが、

正露丸は粘膜の炎症も引き起こしてしまうようですね。

一時的な痛み止めとして使用して、当日のうちに歯医者に行くことをオススメします。

 

ロキソニンの効果的な飲み方

ロキソニンは服用してから1時間後に効果が出てくるようです。

飲み方はロキソニンの箱に記載されている用法・用量をしっかりと読んで飲んで下さい。

ただ、薬を飲んで一時的に痛みが治まったとしても、放置しないで必ず歯医者に行ってください!

 

虫歯の原因と、歯痛の対処方法

 

虫歯とは、口の内の細菌が糖から作った酸によって、歯質が溶けて起きます。

コーラなどの炭酸飲料は歯を溶かして虫歯の原因をつくるといわれていますが、

それは間違いで、実際は、炭酸飲料には大量の砂糖が使われていて、その糖分が原因で細菌が増えて、虫歯が起こりやすくなります。

虫歯がエナメル質象牙質を抜けて、歯髄まで到達すると、直接神経を刺激するので、非常に痛いですね。

ロキソニンで一晩しのぐのもいいですが、

翌日の朝は必ず歯医者に行ってください。

 

歯痛が治まっても放置せず、必ず歯医者に行きましょう!

ロキソニンや正露丸の他に、手のひらにある歯痛のツボをおして歯痛を和らげる方法があるようです。

おそらくプラシーボ効果もあり、一晩しのぐにはいいかもしれません。

しかし、歯は自然治癒や薬で治ったりすることはありません!

歯は、乳歯から永久歯に生え変わると、それ以降に生え変わることはありませんし、

歯医者に行かないと、自然に治ることはありえません。

食事は体をつくる為の栄養を摂る大事な行為です。

大切な歯を守るために、定期的に歯医者に歯をみてもらうといいですね。

口腔ケアの達人の歯科衛生士もいるので、分からないことがあれば教えてもらうのもオススメです。

スポンサーリンク