<メモ広告自動コード>

インプラントの基礎知識。歯科用ジルコニアの性質と今後の予想。

2017年12月21日

スポンサーリンク

歯科以外のジルコニアの用途例

ジルコニアが歯科材料として臨床に応用されるようになってからおよそ15年が経ちます。
http://osaka-dental.info/dentaldatabase/27.html 

ジルコニアに関しては以前紹介していますが、

歯科用以外にも、光ファイバーのコネクターや包丁の刃、

また、「模造ダイアモンド」としてジルコニアを知っている方も多いのではないのでしょうか。

宝飾の世界では、ジルコニアはあくまでダイアモンドの代替品としてのものでしたが、

最近では、ジルコニア自体の美しさが評価され、

ジルコニアも装飾品としての評価が上がっています。

インプラントの基礎知識。歯科用ジルコニアの性質と今後の予想。

また、硬くて、腐食しない、錆びない、酸に影響しないことから、

包丁の材料としてジルコニアは最高です。

意外にも安価なので、僕も愛用しています。

また、強度が高く、加工のやりやすさから、

光ファイバーのコネクターとして使われています。

www.ceramic.or.jp/csj/archives2011/pdf/denki_joho3.pdf

日本セラミック協会のホームパージに図解で説明されていました。

インプラントの基礎知識。歯科用ジルコニアの性質と今後の予想。

ジルコニアの特性

ジルコニアは強度と生体親和性が高く、色も白いので、

歯科に適した材料として長年注目されてきました。

僕が歯科技工士になったばかりの頃から普及は始まりましたが、

この4~5年の間に歯科用ジルコニアの消費量は

約1.3倍に増えましたが、今後さらに増えていくと予想されます。

インプラント先進国、韓国でのジルコニアと、今後の日本の歯科医療の予想

歯の世界では、韓国は日本の5年先を行っていると言われています。

実際に韓国の歯科用の製品をみると、

オペの工程を非常に簡略化できるものや、

色々な会社のシステムに対応出来るものが多くあります。

韓国では、ジルコニアに直接色を入れて、

口の中の歯と同じ色を出す、ジルコニアのカラーリングリキッドが主流ですが、

今後は日本も、フルジルコニアにカラーリングしたものが増えていくと思われます。

スポンサーリンク