<メモ広告自動コード>

チョコレートを健康のために食べる!動脈硬化予防以外にも、口臭予防、歯周病予防に効果があります!!

2018年1月14日

スポンサーリンク

チョコレートのカロリー

チョコレートのカロリーは板チョコ1枚50gで約300kcalです。

非常に高カロリーでダイエットには向きませんが、

それを補って余りあるほどの健康効果があるので、定期的に食べてほしい食べ物です。

ここでは、チョコレートの健康効果と各社のチョコレートのカロリーなどについてご紹介していきます。

チョコレートの健康効果

チョコレートは高脂質で高カロリー。

砂糖が大量に入っているので、体に悪いイメージがありますが、

実は動脈硬化予防、活性酸素を抑えたり、脳の活性化、便通改善、

そして、歯周病予防と、数えきれないくらいの健康効果があります。

これだけ体に良くて気軽に手に入るものなので、食べない手はありません。

ダイエット中もチョコレートを食べるには

僕はダイエット中にもチョコレートを食べて、

80キロから65キロまで体重をおとすことができました。

前述したように、板チョコ1枚で300キロカロリーです。

半分食べるとしても150kcalです。

1日の成人男性の消費カロリーが2200kcalだとして、

チョコレートを食べたら残りの摂取可能カロリーは約2000kcalと考えてください。

摂取カロリーを絶対に超えないことがダイエットのコツです。

ちなみに、間食はカロリーが高いものを選びがちなので、

僕はダイエット中は絶対に間食をしないようにして、

1日の総摂取カロリーが2200kcalを超えないように計算していました。

チョコレートを健康のために食べる!動脈硬化予防以外にも意外にも、口臭予防、歯周病予防に効果があります!!

チョコレートと口臭予防

動脈硬化、美容、便秘の改善にはカカオマスの量が重要で、

市販のチョコレートにはカカオマスの量が少なく、

砂糖を多用しています。

砂糖は口の中の雑菌を増やし、口臭を悪化さるので、

砂糖の少ないものを選ぶといいです。

また、チョコレートのポリフェノールには

抗菌作用、殺菌作用があるので、

口臭予防、歯周病予防にも効果があります。

砂糖が多いチョコレートと、少ないチョコレートを、

TPOに合わせて使い分けるのがいいですね!

スポンサーリンク