豚丼はカロリーは高いがやせる。ダイエットのおすすめレシピと豚肉の栄養素。

どんぶりの中でも人気上位に入る豚丼。豚丼はごはんの上に豚肉と玉ねぎを甘辛く炒めてオンしてますが、豚肉の脂身は腹持ちが良く、高タンパク質なのに低脂質でダイエットに最適です。

豚丼はカロリーは高いがやせる。ダイエットのおすすめレシピと豚肉の栄養素。

ここでは豚丼で僕が実践するダイエットを意識した豚丼の食べ方、おすすめのレシピや摂取できる栄養素なとご紹介していきます。

目次

豚丼のカロリー

どんな食べ物でもそうですが、食事の量や脂質が多い食材を取りすぎると太ります。豚丼も一回に食べる量、ご飯が多すぎてしまうと高カロリーで太る料理になるので注意が必要です。

豚丼でやせる食べ方は、ご飯の量を少なめにして上の具材を多くする事がコツです。

豚丼ダイエットのポイント

豚肉の場合は、すべて脂身の肉でやると脂質が高くなるので、赤身の実に近い赤身肉を使い、すこしだけ脂身の多い部位を使うのがコツです。

こうする事で濃厚な消化に時間がかかり、低カロリーでも腹持ちのよい食事になり、ダイエットに向いた料理になっていきます。

どの料理でも当てはまることですが、腹持ちがいい食事を取ると、結果的に食べる回数や間食が減るので、1日の総合的なカロリーが抑える事ができて、結果的に痩せてくるわけです。

おすすめの豚丼レシピ

豚丼はカロリーは高いがやせる。ダイエットのおすすめレシピと豚肉の栄養素。

材料
豚肉→脂身の少ない赤身肉の豚肉スライスと豚バラスライスを混ぜた物
玉ねぎを適当に切った物
ご飯→できるだけ少量
豚丼のたれ(スーパーで売っている市販の物がラクチン)
材料が用意できたら、豚肉とたまねぎを炒めて豚丼のたれをかけて炒めます。
出来あがったものをご飯の上に乗せたらラクチン簡単に美味しくてダイエットに使える豚丼の出来上がりです。

豚丼でとれる栄養素

豚肉のビタミンB1は、ニンニクやニラ、タマネギなどアリシンを多く含む食べ物と組み合わせると吸収が5~6倍UPするといわれ、豚丼はダイエットだけではなく、パワーUPにも最高な料理なわけです。

豚キムチ鍋はカロリーは高いがやせる。ダイエットに使える健康メニュー、おすすめキムチは鶴橋の山田商店です!

上記のリンクでも豚肉の健康効果について紹介していますので、併せてごらんください。

かつ丼だけでは食物繊維は足りないので、いっしょにサラダも食べるように心がけましょう。

豚丼のカロリーとダイエット

ダイエットを意識した食事に共通することは、“ダイエット=高カロリー、油の取りすぎが禁物”という考えは間違いで、栄養バランスと腹持ちを考えた料理で食事を摂ることが重要です。

我慢や無理をしすぎずバランスを考えて食事をし、より一層ヘルシーで健康的な体つくりを目指しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる