<メモ広告自動コード>

納豆はカロリー計算ダイエットや糖質制限ダイエット中にやせる体をつくりたい時食べると効果的。

スポンサーリンク

納豆1パックのカロリー

納豆のカロリーは1パックで、

約75kcal。

納豆にはからしやたれ、醤油などをかけるので、

80kcalとして計算しておくといいです。

僕は昔85キロほどありましたが、

ダイエットの結果、無事60キロまでやせる事ができました。

ここでは、納豆に含まれる栄養でやせる理由や

食べる際の工夫、

僕のおすすめの納豆の食べ方をご紹介します。

 

納豆がダイエットに使える理由

納豆には脂肪を分解する

ビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2というと、豚肉を思い出しますが、

豚肉は動物性の食品で、ビタミン以外にも

脂質やコレステロールを含んでいます。

そこで!

納豆は植物性の食品で脂質が少なく、

余分な脂肪分を摂らずにビタミンBを摂取できます。

普段、僕は脂っこいものを食べて

腹持ちをよくして、

間食を一切しない事を推奨していますが、

動物性の食べ物が体に合わない人は

納豆がいいですね。

もう一つの納豆のメリット

納豆にはダイエット以外にも

大きなメリットがあります。

ストレスを緩和させる

副腎皮脂ホルモンの合成に必要な栄養素、

パントテン酸が含まれています。

ストレスを感じると食べる量が増えがちです。

納豆に含まれるパントテン酸は、

ストレスが原因のムダな食欲を消してくれます。

他にも、パントテン酸はエネルギーの代謝や、

免疫力の向上、

皮膚や粘膜の健康維持など、

いろいろな効果があるようです。

オススメの納豆の食べ方!

イチオシの納豆の食べ方があります。

納豆にお酢を少しだけ入れると、

納豆の臭みが消えて、おいしい。

いろいろなお酢を試しましたが、

バルサミコ酢が抜群に合うので、

みなさんもぜひやってみて下さい!

納豆のカロリーとダイエットについて

納豆のようなカロリーの高い食べ物は

ダイエット中には向かないと思われがちですが、

ダイエットに効果的な栄養素が

ふんだんに含まれていて、

結果的に考えると

ダイエットに使える食品と言えます。

実際、好きなものを好きな時に

食べるようにしてからは、

食べ物へのストレスも無くなり、

無駄な間食を減らすことも出来るようになりました。

是非この無理なく減量に取り組むことができる

レコーディングダイエットに取り組んでみてください!

スポンサーリンク