【焼肉】ロースのカロリーは高いがダイエット中に食べてもやせる!焼肉の上手な食べ方と大阪鶴橋のオススメの焼肉屋!

2018年11月19日

焼肉のロースのカロリー

牛ロースのカロリーは、100g約400kcal。

海外の赤身の多い牛ロースは100g約250kcal。

焼肉はロースだけを食べるわけではないのですが、

牛タン、カルビ、ハラミや豚トロと、

いろいろと食べていくうちにあっという間に

高カロリーになります。

焼肉のロースのカロリーは?

僕はダイエット中に焼肉などの

高カロリーな食事をしても、

20kg痩せた経験があり、

牛肉が食材のカロリーの高い焼肉は

実はダイエットに使えるとわかりました。

ここでは、

焼肉で痩せる理由や食べる際の工夫、

そして大阪で食べられる人気の

焼肉をご紹介していきます。

焼肉のロースがダイエットに使える理由

焼肉の牛ロースは脂がのっていて、

高たんぱくで低脂質。

腹持ちが良いので自然と

間食や食べ過ぎを節制できるからです。

1日の摂取可能カロリーをポイントに考えると、

満腹感を得られる焼肉のロースは

ダイエットに効果的な食べ物と言えます。

すきなものを食べながら痩せることが出来ると

ダイエットもストレスのない楽なものになるので、

ダイエット中の食生活が

ストレスのない楽しいものになります。



ストレスをためない食べ方

僕は、以前体重が85キロ近くありましたが、

今は63.5キロまで落としています。

最近までジムに行っていたのですが、

実はさぼりぎみなんで、

気合を入れて絞っていきたいです。

僕は以前、ダイエットの為に

シリアルバーやコーンフレークなどの

健康食品を中心にした食事から、

好きな食べ物を中心にした食事に切り替えることで

痩せることができました。

好きなものを我慢してダイエット食品などの

腹持ちのしないものを食べていても、

満足感を得られずストレスを感じて

かえって過食をしてしまい、意味がありません。

ストレスをためずに焼肉を食べるには?

成人男性の1日の平均消費カロリーが約2200kcal、

成人女性の1日の平均消費カロリーが約1800kcalで、

それを超えないことを常に意識することが大切。

腹持ちのいいものを食べて、間食をしないことで、

1日の総摂取カロリーを落とせるので、

毎回の食事をしっかり食べることがコツです。

にんにくを一緒に食べると糖質をエネルギーに換える!

糖質をエネルギーに換える栄養素、

ビタミンB。

ビタミンBは豚肉や納豆の他に、

牛レバーやはつにも含まれています。

ビタミンBは糖質をエネルギーに換えてくれるので、

積極的に摂っていくといいです!

豚肉にはビタミンBが豊富に含まれています!

ニンニクやニラに含まれるアリシンは、

ビタミンBの働きを活発にするので、

ニラレバ炒めや豚キムチ、

そして、

焼肉は痩せる体をつくりやすいメニューです!

レバーやはつと一緒に、

にんにくも摂ることをオススメします!!

ニンニクに含まれるアリシンはビタミンBの働きを活発にします。

でも、次の日仕事の時は食べ過ぎないでください!

大阪鶴橋のオススメの焼肉屋!

大阪上本町のハイハイタウン2階の焼肉屋、李朝園。

近鉄上本町から地上へ出て、

上本町6丁目の交差点、南西側に

レトロな商業ビルのハイハイタウンの2階に、

大阪鶴橋発祥の焼肉屋「李朝園」があります。

大阪上本町のハイハイタウンの2階、李朝園の焼肉。ニンニクホイル焼きとカルビ壺焼き、厚切りロース。

上から、

にんにくのホイル焼き、

壺漬けカルビ、

厚切りロースです。

これだけ分厚いロースは久しぶりに食べたのですが、

中はレア、外はウェルダンの焼き加減で、

うまく牛肉のおいしさを引き出せました!

120分食べ放題で3280円だったんで、

大阪に来た時は是非寄ってみてください!

焼肉のロースのカロリーとダイエットについて

焼肉のロースのようなカロリーの高い食べ物は

ダイエット中には向かないと思われがちですが、

腹持ちが良いので結果的に考えると

ダイエットに使える食品と言えます。

実際、食べたいときに

食べたいものを食べるようにしてからは、

食べ物へのストレスも無くなり、

無駄な間食を減らすこと

出来るようになりました!

まとめ。焼肉のロースのカロリーとダイエットについて。

是非この無理なく減量に取り組むことができる

レコーディングダイエットに

取り組んでみてください!