【青汁】カロリーの高い食事をしながら痩せるダイエット!ケール・大麦若葉・アシタバの栄養は?

2019年2月17日

青汁のカロリー

青汁のカロリーは1杯(一袋)約10~15kcal

原料は大麦若葉、ケール、明日葉などの緑葉野菜 。

青汁のカロリーは?

僕は焼肉などのカロリーの高い食事をしながら

20kg痩せた経験があるのですが、

今年のお正月、

実家に帰省した時に持って帰ってきた

もちがきっかけで、若干のリバウンド。

おもち! もちはカロリーが高くダイエット中に食べるとふとる!

60キロまで落とした体重は

最終的に65キロまで上がってしまいました。

ここらで本腰を入れて痩せておきたい!

そんなわけで青汁でダイエットに挑戦してます。

ここでは、

青汁で痩せる理由と青汁の栄養素

おすすめの青汁をご紹介します。

青汁の発祥は…?

青汁の発祥は戦中の食糧難の時代、岡山県倉敷市の遠藤博士が飢えをしのぐために、それまで捨てられていた葉を食べるようになった所、非常に体の調子が良くなったことから注目されたと言われています。その後高度経済成長期になった日本は欧米型の食生活が拡がり、肉、牛乳、乳製品といった動物性食品が日常食として定着していた。偏った食生活と動物系の高脂質食事により、肥満や高血圧などの病気が広がっていった。大分県の医学博士である萩原義秀が大麦若葉に栄養成分がバランス良く含まれていると発見し、その搾り出した汁をスプレードライ製法で世界初めて長期保存できる青汁粉末を製作に成功した。

wikipwdiaより

戦時中、内科医が飢えをしのぐために、

今まで捨てていた野菜の葉を食べて

体調の改善がみられた!

青汁の発祥は?

僕は青汁を、悪役商会の八名信夫さんが出てる

「まずい、もう一杯!」 のCMで知りました(笑

青汁の栄養素

大麦若葉

青汁の原材料、大麦若葉

ビールの材料の麦、穂が付く前の青い葉の部分で、

ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC

各種ミネラル・食物繊維など

多くの栄養素を含みます。

抗酸化酵素のSOD、という酵素があるようで、

活性酸素を除去する効果もあるようです。

SOD酵素…ポリフェノールのようなものでしょうか?

ケール

青汁の原材料、ケール

地中海沿岸が原産で、キャベツの原種のヤセイカンランに近い。

wikipediaより

食物繊維・カルシウム・各種ミネラル・βカロテン

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE

と、健康・美容に効果的な栄養素がたんまりです!

特に、ルテインという栄養素。

抗酸化物質でもあるのですが、

ブルーベリー系のサプリメントにも含まれていて、

水晶体の材料であり、

ブルーライトの光から目を守る働きをします。

明日葉(アシタバ)

青汁の原材料、ケール

和名は「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」と形容される、強靭で発育が速いことに由来する。

wikipediaより

食物繊維・ βカロチン・葉酸

ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE

明日葉の中でと特筆すべきは、

葉酸。アシタバ100gあたり100 μg。

葉酸は細胞がつくられるときに必要な栄養素で、

妊活中、妊娠中に摂ることが推奨されています。

たいせつ!青汁の主原料はすべて食物繊維、ビタミンが豊富です。

抗酸化作用のある栄養も豊富に含まれているので、

がんがん飲んでいきたいですね!!

おすすめの青汁は!?

ゴクリッチのパッケージです

普段は朝、昼、夜としっかりと

食べるようにしているのですが、野菜不足を補いたくて、

友人の勧めでゴクリッチを購入しました。

水にさらっと溶けてます!

香りはりんごのような感じで、

さらっと飲みやすいですね。

初回購入は780円と安価に購入できるので、

ぜひお試しください!

チェック! 購入はこちらから!

青汁がダイエットに使える理由

青汁の材料、

大麦若葉・ケール・明日葉ともに、

食物繊維が豊富。

腸の蠕動運動を促進するので

便秘に効果的。

大麦若葉には抗酸化酵素も含まれていて、

しかもビタミン類が豊富なので美容にも◎!!

ちなみに、

成人男性の1日の平均消費カロリーが約2200kcal、

成人女性の1日の平均消費カロリーが約1800kcalで、

ダイエット中でも摂取カロリーを

コントロールできれば何を食べても大丈夫です。

青汁のカロリーとダイエットについて

青汁は低カロリーが低く食物繊維が豊富。

単純に飲むだけで痩せる、

というわけではありませんが、

美容・健康に効果的!

僕は毎日の食事をおいしく、楽しくしたいので、

どうしても動物性たんぱく質の

がっつり系の食事に偏りがちです。

食物繊維やビタミン類が不足しがちなんで、

青汁は体によさそうなので

積極的に取り入れていきたいですね。

みなさんもぜひ、食べたいものを食べながら

無理なく減量に取り組むことができる

レコ-ディングダイエットに取り組んでください!